IntraGuardian2+が必要な理由


IntraGuardian2+ が必要な理由

2017年5月より 個人情報保護法が5000人要件の撤廃(小規模事業者も規制対象になる)改正が実施されます。
小規模だから関係ない とは言えなくなります。

情報セキュリティーに対する関心は年々高まっており、総務省が各自治体向けにガイドラインを策定しています。

  • 地方公共団体における情報セキュリティーポリシーに関するガイドライン
  • 地域ICT強靭化事業

この流れから民間企業のセキュリティー意識も高まりを見せ始め、「不許可端末を社内ネットワークに接続させない」といった対策が検討、導入され始めています。

『導入のためのキーワード』

  • 不許可端末の検知・遮断(無許可端末)
  • 事前登録がない不許可端末(無許可端末)が接続された場合にこれを検知、通信を遮断
  • 遮断結果を管理端末に通知
  • 不正接続検知・防止システム

対策は《IntraGuardian2+》にお任せ下さい!!

社内不許可端末のセキュリティ対策はお考えですか?

シャドーITの脅威に気づいているシステム管理者はまだ少数です。

社内未許可端末のセキュリティ対策

持込みPC・タブレット等の不正接続防止!

社内ネットワークへの不正接続防止に特化した単機能アプライアンス

Design by SmartCat